バス釣り「冬のルアー」おすすめの3選はこれだ!

バス釣り

バス釣りで最も釣れない難しい時期の冬ですが、そんな難しい冬におすすめルアーってなんだろ?という方も多いと思います。

そんなあなたの為に今回は

『バス釣り「冬のルアー」おすすめ3選はこれだ!』

というお題で進めて行きたいと思います。

スポンサーリンク



  冬のバスはどんな状態なのか?

冬は人間も寒くてコタツの中でゆっくりまったりしときたいですよね。  それは人間だけではなくバスも同じで基本的には冬のバスも暖かいところに行きじっとしている傾向にあります。

しかし、じっとしていてもエサは食べなければいけないので暖かいところで極力動かず捕食する生活をしています。

そんなやる気のない冬バスを釣るためにおすすめのルアー3選を紹介しようと思います。

   冬におすすめできるルアーは?

メタルバイブ

(https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-54-7c/sakanadennen/folder/1323777/95/36408695/img_1?1149095541)より引用

メタルバイブは沈むのが早く底をも攻めることができるし、ルアー自体の波動も強いのでアピールもできるのでおすすめです。

誰もが「冬のバス釣りはメタルバイブだ」と言うくらい冬のバス釣りのときに持って行く定番のルアーです。

使い方はただ巻きリフトアンドフォール

とくにリフトアンドフォールの実績は多いですね。

 

 シャッド

(https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/naturum/cabinet/303/01127269_1.jpg?_ex=300×300)より引用

シャッドも冬の定番ルアーで、ルアーが動く限界の超低速でのタダ巻が有効

特に「サスペンド」という巻くのを止めたら浮きもせず沈みもしない止まった状態になるタイプのシャッドが有効ですね。

アタリはワームの釣りのように繊細なアタリであることが多いので逃さず集中してアタリを読み取りましょう

 

ラバージグ

 

(https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggQkd4I9CGGV5b81_7eWH2rg—x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-1338572363)より引用

ラバージグも冬に使えるルアーとしては有名です。

なんといってもディープ(底)を攻めることできますし、ラバージグも上記のルアーと同じでかなりゆっくり巻いていく「ズル引き」がおすすめですね。

たまにピョンっと跳ねさせてリアクション狙いをするのも有効だと思います。

意外とラバージグのアタリは「ゴンゴン」と明確に出ることが多い気がしますね

スポンサーリンク



なぜこの3つが冬のバス釣りにいいのか?

この3つのルアーが冬のバス釣りにおすすめなのはわかったけどなぜ?  という人もいるのではないでしょうか?

その理由を紹介します。

メタルバイブはなぜ冬バスに効くのか?

なんといってもメタルバイブは鉄板系と言われるだけあって底まで沈むスピードが早いです。

そのスピードが速いってのが肝で、リアクションで魚が口を使ってしまうんです。  人間でいう「条件反射」ですね。

人は不意に物が飛んできたりしたら手を出してしますよね?    それと同じです。なので冬のバス釣りにはメタルバイブが必須なんです。

シャッドはなぜ冬バスに効くのか?

続いてなぜシャッドがいいのかといいますと、さっきも言いましたが「サスペンド」という止めたら静止するタイプのシャッドがあるからなんです。

やはりどれだけバスにルアーを長く見せてやるかも重要なんでここはかなり重宝します。

リアクションとは真逆の攻め方になりますね。

ラバージグはなぜ冬バスに効くのか?

最後にラバージグはなぜいいのかというとメタルバイブとシャッドの「リアクション」と「見せる」釣りの両方ができるからです。

ゆっくり底を感じながら低速で巻く「ズル引き」でバスにルアーを見せてやり、ピョンっと跳ねさせる「ボトムバンピング」でリアクションを狙うことができます。

 

ならラバージグだけでいいじゃん?ってなりますが、やはりメタルバイブでしか釣れないや、シャッドでしか釣れない魚は存在します。

なので一概にラバージグ一本で大丈夫とは言えないのが釣りの面白いところですね。

  まとめ

 

今回は

『バス釣り「冬のルアー」おすすめの3選はこれだ!』

というお題で進めていきましたがいかがでしたでしょうか?
紹介した3つのルアーは本当に冬のバス釣りにはかかすことのできないルアーになります。

これを知っているのと知っていないのでは釣果はかなり変わってくると思うので寒い冬だけどバス釣り行きたい、行こうという人は
この3つのルアーを意識して釣りをしてみてください。

やはり冬はバスも寒すぎて暖かいとこを求めてじっとしてあまり動かないのでバスにルアーを出来るだけ長く見せる
やリアクションを意識した釣りをしていくのがセオリーかなと自分は思います。

この記事を見て皆さんの釣果が少しでも良くなれば幸いです。お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました