春のルアーカラーに迷ったらこれ!バス釣り春のカラー選択術

お役立ち情報

春といえばデカバスが釣れやすいといわれていますし、気分よく釣りに行ける季節でもありますよね。

そんな春のバス釣りで迷ってしまうのがルアーのカラー選択ですよね。

春はどんなカラーを選択したらいいのかって迷っている人に今回は

『春のルアーカラーに迷ったらこれ!バス釣り春のカラー選択術』

というお題で進めていきます。

スポンサーリンク



春のバスの行動

 

春のバスの行動は夏、秋、冬とは異なり春のバスは産卵というビックイベントが控えています。

俗にゆう「スポーニング」です。

バスの産卵行動は3月から始まっていき、5月くらいに終わりを迎えるといった感じです。

この春のスポーニング次期に効果的と言われるカラーがあり、この期間中に持っておくことで釣果を出しやすくなります。

 

春バスのポイント

 

春バスは基本的に浅場を意識しており、浅場でエサを待ち構えている場合が多いです。

しかし、春といっても3月、4月、5月それぞれバスがいるポイントは違ってくるので頭にいれておきましょう。

 

3月のバスのポイント

 

春といっても3月は水温が上がりきらない日が続くのでバスは浅場と深場を行き来します。

なので3月は深場から浅場に移動しやすい場所をさがして釣るのがセオリーとなってきます。

 

4月のバスのポイント

 

4月は荒食の季節でもあり、バスは浅場に滞在している場合が多いです。

浅場といっても特にストラクチャー(障害物)のある場所に潜んでいることが多く、浅場のストラクチャーには春バスがいるといっても過言ではないと言われております。

 

5月のバスのポイント

 

5月頃になる産卵前、産卵中、産卵後の3種類のバスが入り乱れる時期に入ります。

この時期は3月4月それぞれの釣り方をしながらバスがいそうなポイントを探っていくのがコツになります。

スポンサーリンク



春バスルアーのカラー選び

 

春バスは人と同じで暖かさを感じるくらいからだんだんと行動を始めます。

春のバス釣りで重要になってくるのがカラー選びで、他の季節以上に釣果を分けるポイントになるので春バスのカラー選びは慎重にしましょう。

といっても初心者の人はカラー選びに迷ってしまうことが多いと思うのでここでは春バスを攻略するためのおすすめカラーを紹介していきます。

 

春のバス釣りで効果的なカラー

 

春バスを釣るのに効果的と言われている3つのカラーがあります。

それは、

チャート

この3種類になります。

この3色を持っていれば使い分け次第で春バスを攻略することができ釣果が上がる可能性もでてくるので持っておくことをおすすめします。

 

春の定番カラー「赤」

 

春のバス釣りで欠かせないと言われているカラーの赤。

赤のルアーが春バスに効くとされている理由の一つがザリガニと同じカラーだからということです。

春ザリガニは冬眠から目覚めて行動しだします。

この春のザリガニの目覚めと産卵前のバスの荒食いがマッチすることにより春バスには赤いカラーが効くと言われているのです。

さらに、赤色というのは光の中で早い段階で色を失うものであり、カラーの変化が起きることでバスが口を使ってしまうそうです。

単純に赤色といっても光を通すものがあれば暗いものまであり、ルアーによって効果的な赤色をしっておきましょう。

ハードルアーに関しては基本的に明るめの赤が効果的で、一方でワームに関しては暗めの赤が効果的となることが多いと言われているので試してみてください。

 

以外と知られていない「青色」の威力

 

これは知っている人は知っているかもしれないですが、実は青色のルアーは春のバス釣りでひそかにヒットカラーと言われているカラーなのです。

なぜヒットカラーなのかという明確な理由はないのですが、とにかく釣れることが多いというのは事実です。

一説では青いルアーは水の中で目立ちやすくバスが認識しやすいことと、青色というのはバスの攻撃対象の色になっているそうなのです。

特に青は中層から底付近で使うことが望ましく

ワームやラバージグのトレーラーで使われる場面は多くありますよね。

しかし、青色のルアーはカラーラインナップが非常に少ないので探さないといけないのがネックです。

 

濁りが出やすい春には「チャート」

 

春という季節は日照時間が長くなったり気温の変化がでる季節でもあり、それによって濁りが発生しやすくなる季節でもあります。

春の濁った状況ではやはり濁りに強いカラーのチャートが効果的になります。

特にチャートの中でも黄色と緑のチャートカラーが実績が高くおすすめです。

チャートカラーは特にハードルアーで使うのが効果的で春によく使われるシャッドやクランクベイトでこのカラーを使うといいでしょう。

スポンサーリンク



春は赤色のルアーが定番だと言われているが本当なのか?

 

あるバス釣りの好きな人が6ヶ月に渡って、釣ったバスの胃の内容物を調査した結果がありました。

その結果によると、バスは70%の確率でザリガニを食していることがわかったとされました。

その他は15%が魚類、10%がカエル、5%がミミズやセミなどの昆虫類だったという結果だったそうです。

バスが食べている物の7割がザリガニというのは驚きでした。

ということは赤色は春に効くというよりかはどんな時期でも効くってことになりますよね。

自分もたまにバスを釣ったときに釣ったバスがザリガニを吐いたという経験はしたことがあるのでこの調査はあながち間違えではないのかもしれませんね。

しかし、各フィールドによってバスのメインとなるエサは違ってくると思うので鵜呑みにするのではなく、あくまでも判断材料としておくのがいいでしょう。

 

まとめ

 

春はデカバスが釣れる可能性が高いので皆さん釣りに行かれる日も多くなると思います。

春バスに効果的なルアーカラーに迷ったときは今回の記事を参考にカラー選択してみてくださいね。

少しでもみなさんの釣果がよくなれば幸いに思います。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました