デカバス釣りたい人必見!春のバス釣り攻略!

バス釣り
スポンサーリンク

冬って寒くてなかなかバス釣りに出かけるのきつい時期ですし、どんなに厚着しても手がかじかむのはほんと耐えがたいですよね。

冬の寒さも和らいで春になると近くの野池に大好きなバス釣りしに行く機会も増えますし、ポカポカして気持ちよくバス釣りもできますよね。

春になると野池にバス釣りに行くぞという人もやはり春バスの攻略をしなければなかなか簡単にバスは釣れません。

なので今回は

「デカバス釣りたい人必見!春の野池攻略!」

というお題ですすめていきます。

スポンサーリンク

春のバスの状態

 

春というと冬と違って段々気温も水温も上がってきて人間もそうですがバスの動きも冬と違って動き回るようになります。

しかし春というのなバスにとって特別な季節でもあります。

なぜかというと「産卵(スポーニング)」の時期だからなんです。

バスの産卵といいましても産卵前のプリスポーン(プリ)産卵中のミッドスポーン(ミッド)産卵後のアフタースポーン(アフター)3つの段階に分かれます。

しかし春になるとどこのバスでも産卵を始めるのではなく、水温、場所、などが関係してくるので各フィールドによって産卵のタイミングは違ってきます。

 

春バスはどんなルアーがいいのか

 

春バスは産卵というイベントがあり「荒食い」の季節でもあります。

また、産卵の種類によっても使うルアーも異なってくるのでバスの産卵で使えるルアーを紹介していきます。

スポンサーリンク

産卵前のプリスポーンのバス

 

産卵というのは体力を著しく消耗してしまいます。

なのでバスは産卵に向けて体力をつけるために捕食が盛んになっており、この時期のバスは荒食いを始めます。

シャローをうろついているバスにはスピナーベイト、クランクベイト、バイブレーション、ミノーなどの巻物系が広範囲を攻めることができ効率がいいです。

基本的にプリスポーン状態のバスはどんなルアーでも釣れやすいですが、春バスは浅場のストラクチャーに潜んでいる確率も高く、縦のストラクチャー(杭や立木)にはワームやスモラバを打ち込んでいくのがおすすめです。

 

産卵中のミッドスポーンのバス

 

ミッドスポーンのバスは産卵に集中しているので基本的にナーバスになっています。

捕食行動よりも産卵がメインなのなっているので動きの速いルアーでは追いついてこないバスや見切られる場合が多々あります。

なのでミッドスポーンのバスを釣る場合は思っている以上にスローに誘うことを意識しましょう。

例えば、ワームを底に動かさずに置いてみたり、サスペンドのシャッドを使い巻いて止めてを繰り返して食わせる間を作ってあげたりアクションに気を使うことも忘れずに。

基本的にはライトリグでスローに誘うのがミッドスポーンのバスを攻略するカギとなります。

 

産卵後のアフタースポーンのバス

 

産卵を終えたバス達は体力を使い切っているため、口を使うことさえも面倒になってきます。

なので基本的にはスローな釣りがメインになってきます。

梅雨頃になると少しづつ体力が回復してくる個体も増えてきてので捕食行動も行い始めるのでそのときは比較的どんなルアーでも釣ることが可能になってきます。

しかし、体力が回復仕切っていないバスが多く存在するのでミッドスポーンと同じくライトリグでスローな釣りをイメージしながらノーシンカーなどをで食わせる間を作ってあげるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

春バスを釣る為に野池で注目するべきポイント

 

野池は以外と足下にバスがいることが非常に多くいきなり近くに行くとバスが逃げてしまう可能性もあるので、初めは少し水辺から離れた場所からキャストすることをオススメします。

春の野池や河川で最も狙いたい場所は、ディープ隣接のシャロー付近のストラクチャー。

産卵できる浅場があって、さらに急に深く水深があり急激な冷え込みがある春先などの水温変化にも耐えられる場所というのを春バスは好みます。

そのような深場だけど浅場に隣接しているポイントは3月〜5月ではかなり好条件のポイントなので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

春デカバス実績の高いルアー 5選

 

春バスはデカバスが釣れる時期でもあります。

なので普段使っているルアーよりも今までデカバスが釣れた実績の高いルアーをチョイスすることでさらにデカバスを釣る確率をあげましょう。

ここではデカバスの実績が高いルアー5選を紹介していきます。

スコーンリグ

 

春先にプリスポーンのデカバスを釣るのに絶対的な実績を持っているルアーです。

オールシーズン使うことができて、広範囲も探ることができるので一つは持っておきたいアイテムですね。

 

スイムベイト

 

魚のような動きで誘い、独特な波動で食わせるルアー。

これもどの時期にも使うことができるルアーになっていますが、特に春のスポーニングや秋のベイトが大きくなっているときなどに使ってデカバスが釣れるのでおすすめのアイテムになります。

クローラーベイト

 

近年注目を集めているクローラーベイト。

トップですがオールシーズン使うことができ、デカバスが釣れるといわれて人気のルアーになります。

その動きで興味を引きバイトに持ち込むことや、音でイラつかせて口を使わすこともできるので様々なアピールができるのも魅力となっています。

ビックベイト

 

普通のルアーには出せない動きと波動でバスに口を使わすことができるビックベイト。

春のスポーニングバスによく効くと言われており、捕食対象としてはもちろんバスをイラつかせて口を使わすこともできます。

波動が強いルアーでバスを引き寄せる力もあるのでサーチベイトとしても活躍すること間違いないです。

ラバージグ

 

言わずと知れた元祖デカバスキラーのラバージグ。

カバーに打ってもよし、バンピングしてもよしと使い勝手のいいところも魅力の一つです。

オールシーズン使うことができるのでこれも何個かボックスに忍ばせておきたいアイテムですね。

まとめ

 

春はデカバスの季節でもあり釣りを楽しめる季節でもありますよね。

せっかくバス釣りに行くのだからどうせなら釣りたいですしデカバスゲットしたいですよね。

今回紹介した春バスの特徴をしっかりと覚えて、紹介したデカバスに効くルアーを使って是非自己新記録更新を目指してください。

今回の記事があなたのいい釣果の役に立てば幸いに思います。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました