【バス釣り】春に使うべきルアーランキング3選はコレ!

バス釣り

春になるにつれてだんだん気温も上がってきてバス釣り好きの人も動きやすくなり釣りに行く頻度もあがりますよね。

バス釣りをする人なら春はデカバスが釣れる確率が高いの知っていますよね。

しかしデカバスを狙いたいけど春のバス釣りで使うルアーはどんなのがいいか分からないし悩んでいるって人いますよね。

なので今回は

『【バス釣り】春に使うべきルアーランキング3選はコレ!』

というお題で進めていきます。

スポンサーリンク



春のバスの状態

春のブラックバスはどんな状態なのか?これを知らないと春のバスをうまく釣ることはできません。

春のバスの状態なんですが、3月になると段々と気温、水温が上がってきて冬の寒さが和らいできますよね。

これは人間にも言えることですがバスも冬と違って段々動きもよくなり活発に動き回るようになります。

しかし、春バスはもっと大事なイベントを控えているのです。

それは「スポーニング(産卵)」です。

この春バスの状態を知る上で一番のポイントとなるのがスポーニングなんです。

春バスを効率よく釣る為にスポーニングの知識は欠かせないので覚えておきましょう。

 

バスの産卵は3種類ある

 

バスの産卵は産卵前半、中盤、後半3種類あります。

この3種類それぞれバスの状態は違ってくるのでその特徴を知っておきましょう。

 

産卵前のプリスポーン(プリ)

 

だいたい毎年3月くらいから大型のバスは産卵の準備に入っていきます。

産卵には体力を使うのでプリスポーンの魚は産卵時の体力をつけるために多くのエサを捕食しようとします。

だいたいこの時期に大型のバスが釣れるといわれていますね。

とくに3月初旬などは前線通過後の放射冷却により急激な水温低下などでバスのエサとなる小魚などは仮死状態になり安定した水温や風の影響を受けにくい深場へ潜っていきます。

なのでこの3月初旬は冬の釣りをメインに立ち回るのが基本となります。

 

産卵中のミッドスポーン(ミッド)

 

だいたい4月くらいになると水温も上昇していき深場にいく個体は減り、大型バスだけではなくその他の中型のバスなども産卵に入ってきます。

全体のバスが浅瀬に集まってくるので大小さまざまの型のバスの数釣りも楽しめるようになる時期です。

この時期の特に雄バスは産卵によって生まれた稚魚を守る行動に入ります。

なのでバスの産卵場には必ず雄バスがいて外敵から稚魚も守ろうとしていてそこにルアーなどを落としたら排除行動で簡単に釣れます。

しかしこの時期の雄バスを狙うのは賛否両論あり、釣るの簡単で楽しという人もいれば雄バスを釣ってしまったら稚魚が外敵にやられてしまうのでいけないだらうなどの声もあります。

ちなみに雄バスは稚魚が孵化してから約1ヶ月くらい稚魚を守る行動をとると言われています。

 

産卵後のアフタースポーン(アフター)

 

アフタースポーンですがだいたい5月くらいになります。

産卵中のバスも存在はするのですがどちらかといえば産卵を終えたバスが増えてきます。

その産卵を終えたバスのことをアフタースポーンと言い、バスは産卵に全体力をつぎ込むので産卵後は体力がなく捕食行動も控えめになります。

時間がたてば少しずつ体力が回復し捕食行動を行いますのでそのときが狙い目になります。

毎年梅雨に入る時期にそういったバスが体力回復をする為に荒食いをし始めます。

ちなみに、スポーニングは一年で一回とは限らず2回するバスや3回産卵するバスもいるそうです。

スポンサーリンク



バス釣り春釣れるルアーランキング3選

 

春ってどんなルアーを使って釣りをすればいいのか悩みますよね。

デカバスが釣れる時期だからこそいろんなことを考えてしまって結局ルアー選びがしっくりこないってならないようにここでは春におすすめするルアーランキング3選を紹介していきます。

 

シャッド

(http://monky-brain-lures.blog.so-net.ne.jp)より引用

春はバスの産卵の進み具合により使うルアーは異なってきますが、このシャッドに関しては春のどのタイミングで使用してもいい釣果があがると言われているルアーの一つです。

バスが荒食いしている時は小魚をイメージしてアクションすることでそういったバスは釣れます。

また、産卵後の体力がないバスに対してもサスペンドタイプのシャッドを使えばバスに口を使わす時間もできるので効果的です。

 

クランクベイト


(http://shallowdou.com)より引用

春のバスというのは冬の寒い時期くら段々暖かくなってきて動き出します。

冬の寒いてい水温から暖かくなり動きだすときなので感覚的に鈍く、頭がボーっとしている状態が多いので、そんなボーっとしている春バスに反射的に口を使わすのに適したルアーがクランクベイトになります。

とにかく春のバスはボーッとしているのでどれだけスイッチを入れるかがポイントになってきます。

使い方ですが、ルアーが最低限動くスピードでゆっくり巻くことを意識しましょう。

春バスはまだ動く体に慣れていないのであまりにも速く巻きすぎるとバスがルアーに追いつけないのでルアーを巻くスピードには気をつけて巻きましょう。

 

ビックベイト


(https://ameblo.jp/coreman123)より引用

ビックベイトはオールシーズン使えるルアーですが、以外と春バスに効きます。

ジョイクロなど止めても使えるルアーはスローに誘うこともでき、レンジコントロールもできるので春バスに効果的なんです。

さらに、ビックベイトは集魚性能が非常に強いルアーなので春のデカバスが溜まっていそうなポイントがあれば、投げて巻いてくるだけでバスを寄せてくることが可能です。

ビックベイトを使い、バスを寄せるだけ寄せてバスの捕食スイッチを入れてノーシンカーリグなどのライトリグで口を使わせて釣るのもビックベイトのおすすめの釣り方ですね。

 

まとめ

 

春になると暖かくなるしバス釣りが好きな人は毎週のように釣りにいきますよね。

この春が一年で最もデカバスが釣れる確率があるので外せないですよね。

今回紹介した春バスの状態などの知識と紹介したルアーを使って是非自分の釣ったバスの記録更新を目指して下さいね。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました