近場の野池で春バスを狙え!バス釣り春の野池攻略法

バス釣り

春はデカバスが釣れやすいと言われており、バス釣りに出かける人も多くいると思います。

冬にバス釣りに行ってなく、久しぶりに釣りに行くのは近場の野池にしようと思っている人もいると思います。

今回は

『近場の野池で春バスを狙え!バス釣り春の野池攻略法』

というお題で進めていきます。

スポンサーリンク



春のバスの状態

 

春バスはメインイベントの「産卵」を控えており、それに合わせた行動をしています。

だいたい水温が10℃前後になるくらいからバスは産卵を意識し始めます。

バスの産卵は基本的に浅場で行われるのでバスは浅場求めて行動しますがまだ初春の場合は気温が安定しないときが多く水温も安定しないのでバスも浅場と深場を行き来します。

4月に入り気温、水温と共に上がってきたらバスはシャローへで産卵やエサを捕食し始めますので春バスが潜むポイントはシャロー(浅場)になると思っておきましょう。

 

野池の種類

 

野池といっても全てが同じではなく大きく分けて2種類の野池タイプがあります。

それぞれ違ってくるのでそれぞれの特徴を説明していくので覚えておきましょう。

 

山間タイプ

 

山間タイプの野池基本的にダムのように流れてくる川をせき止めてできた野池です。

こういう山間タイプの野池の特徴は、水深が深くて魚やエサとなるザリガニ、エビなどが豊富であること。

また、水がクリアな場合が多く規模は様々ですが、数個の連なった池があるのも特徴の一つです。

数個ある池の一つでもバスが釣れる池があるならその周辺の池にもバスがいると思って間違いないです。

 

皿池タイプ

 

皿池と言うのは人工的に穴を掘って作ったタイプの野池で、プール型をしています。

山の近くにある池ではなく、どちらかといえば山の麓近くにあったり田んぼが多くある場所の近くにある野池になります。

この皿池タイプの特徴は基本的に浅く、深いところでも2メートル以内の場合が多い。

もう一つの特徴として水が濁っている場合が多く
規模が大きい池という特徴もあります。

スポンサーリンク



釣れる野池の見つけ方

 

初めて行く野池ではバスがいるのかわからないときって結構ありますよね。

バスが生息していて釣れる野池にはポイントがあるのでそのポイントをしっかりとおさえておきましょう。

 

オタマジャクシがいる池は避ける

 

まず、オタマジャクシがいる池は怪しいと思って下さい。

なぜならオタマジャクシは泳ぐ力が弱い生き物であり、遊泳能力が弱いのでほかのエサよりも真っ先にバスが捕食するエサになります。

岸際に少しいる程度ならバスがいる可能性はありますが、たまにオタマジャクシだらけの池がありますが、そういった野池にはバスがいないと判断するのがいいと思います。

 

高速道路近くの池はバスがいる

 

高速道路近くにある池は人目につきやすく誰でも近付くことができるのでバスが放流されている可能性が非常に高くなります。

ただし、目立つ場所にあり誰もがエントリーできる場所でもあるのでプレッシャーは高いと思っておきましょう。

基本的に高速道路近くの野池は昔からバスがいる可能性が高いのでデカバスが多いのが特徴となります。

スポンサーリンク



春のバス釣り野池で有効なルアー

 

野池を選び終わっていざバス釣りをしようと思っても春バスにはどんなルアーを使って釣りをしたらいいのかって迷う人もいるはず。

春のバスは産卵に入っている場合が多く、産卵前、産卵中、産卵後つの産卵パターンがありそれぞれ攻め方も変わってきます。

なのでここでは春のバス釣りに有効なルアーを紹介していきます。

 

産卵前

 

産卵前は基本的に産卵で体力を消耗してしまうため、体力をつけるために積極的に捕食行動をとります。

俗に言う「荒食い」です。

この時期は基本的にどんなルアーでも簡単に釣ることが可能になってくるのでこの時期が一番の狙い目になってきます。

特にバスのいるポイントを探るのに適したスピナーベイトクランクベイトなどの広範囲を探れるルアーが効率も良くていいでしょう。

特に産卵前はどこの野池も3月初旬以降から始まってくので、水温の上下が激しい時期でもあります。

また、産卵前というとだいたい3月初旬くらいなので、その頃は水温の変動が大きく小さな小魚は温度変化についていけず弱ってしまうものも多いのでシャッドやミノーを使うのも効果的。

 

産卵中・産卵後

 

産卵中と産卵後は卵を産んで体力を消耗しているバスや、卵や稚魚を守って体力が低下しているバスが多くいます。

体力があまりないのでアクティブに捕食行動を起こすことができない個体が多い存在し、捕食せずに体力が回復するまでじっとしているバスもいるほどです。

なのでこの時期はスピナーベイトやクランクベイトなどの早い釣りよりは、スローな釣りを心がけましょう。

基本的にワームによるワッキーリグが春バス攻略のセオリーとされていますが、春はザリガニが出てくる季節でもあるのでラバージグのズル引きなどで釣るのもおすすめです。

産卵前に有効であるサスペンドタイプのシャッドやミノーもこの時期に有効なので覚えておきましょう。

 

まとめ

 

春は気温が暖かくなり釣りに行くのも楽しみになる時期ですし、春はデカバスが釣れる確率も高いと言われています。

有名なフィールドに行くのは少し気が引けるという人は野池を選ぶと思います。

そんな時にこの記事を参考にして釣れる野池の特徴や春バスの行動パターンをつかんでいって是非野池のデカバスをゲットして下さいね。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました