春のデカバスもこれでゲット!バス釣り春に使えるワーム6選

バス釣り

春のバス釣りはデカバスが最も釣れる時期なので春バスを釣るために毎週末バス釣りに出かける人も多くいると思います。

春のバス釣りはハードルアーがセオリーってイメージが強いですが、ワームを使ってデカバスを仕留ることはできます。

その方法と選択術ってどんなだろうって気になると思うのでここでは

『春のデカバスもこれでゲット!バス釣り春に使えるワーム6選』

というお題で進めていきます。

スポンサーリンク

春バスの状態は

 

春バスは冬の低水温の名残を引きずっているバスや暖かくなって動きも活発なってるバスもいます。

春バスの一番の特徴としては「産卵」というビッグイベントを控えているってことです。

産卵を意識した春のバスは冬の寒い時期の深場にいたときとは異なり、バスは浅場で産卵行動をするので浅場を求めて行動します。

また、産卵に向けてバスは体力をつけるために荒食いをする季節でもあります。

ちょうどこの時期はバスのエサとなる小魚が水温の変化により弱ったりする時期でもあるので春は弱った小魚をイメージする釣りをするのがセオリーとされています。

 

バスの産卵

 

3月、4月、5とバスは産卵の時期をむかえます。

バスの産卵は産卵前、産卵中、産卵後とスポーニングはつの段階によって分けられます。

春の時期がくるとバスは産卵を意識して行動しますがすべてのバスが一斉に産卵するのではなく、地域によって水温が違ったりするので産卵のタイミングはそれぞれ違ってきます。

 

産卵前のプリスポーン

 

春バスの中でも一番釣りやすいと言われているのがこのプリスポーンに入ったバスです。

体力の消耗が激しい産卵に備えて体力をつける為に積極的にエサを追いかけるのでスレた大型個体でもルアーに口を使いやすいので狙うならこの時期がいいでしょう。

デカバスになればなるほど早い段階でスポーニングを意識すると言われており、3月初旬はビッグバス狙いで釣りに出かける人もたくさんいるほどです。

また、この時期は水温が安定していないので活性が高いときや低い時があります。

活性が高い時はミノーやスピナーベイトで早い釣りをするのは効果的ですが水温が低く活性が悪い時は冬のようにスローな釣りが必要となる場合もあります。

スポンサーリンク

産卵中のミッドスポーン

 

この時期のバスは産卵を終えて卵や稚魚を外敵から守る行動をとります。

卵や稚魚を守らないといけないのでほとんど捕食行動はせずに威嚇行動をとるようになりますので自分から積極的にエサを追うことはないです。

この時期のバスが口を使うときは、産卵床に侵入したきた卵を狙う小魚などを追い払う威嚇の時であり、そのようなバスを見つけたらその周辺をライトリグなどでじっくり通してやるとイラついて口を使う場合が多い。

この時期はエサに似せてアクションするのではなく、バスをイラつかせるイメージでアクションするようにしましょう。

 

産卵後のアフタースポーン

 

この時期のバスは産卵前と産卵中、産卵後の3種類のバスが入り混じる時期でもあり、大型の個体では2回目の産卵に入る個体もいます。

なので一番狙いがしぼりにくい時期でもあり、釣り方を間違えると釣れなかったという日も出てきます。

この時期はバスの状態を観察しながら釣っていくことをおすすめします。

アフタースポーンの魚が多い中で遅れてスポーニングに入る魚も多いため、数を狙うならばアフターを狙うよりは遅れてスポーニングに入る魚を狙う方が効率もよく釣りやすくて良いと思います。

スポンサーリンク

春のバス釣りはプラグとワームどちらがいい?

 

上記で説明しましたが春バスは産卵というイベントの真っ最中であり、個体によっては産卵に向けて体力をつける為に活発にエサを追いかけるバスもいれば、産卵を終えて体力がなく回復を待ってじっとしているバもいたりします。

そうなってくるとバスの産卵の状態によってプラグで攻めるかワームで攻めるかが変わってきます。

つまり、体力をつける為に荒食いしているバスにはプラグでもワームでも効果的ですが、産卵を終えて体力を失ったバスには早い動きのプラグでは体力がなく、バスが追いつけないことがあるのでワームで攻めるのがいいでしょう。

なので春バスを釣るにはプラグがいいとかワームがいいとかは一概に言うことはできません。

狙っているバスが今どんな状態なのかを把握してプラグやワームで効率よく狙っていくのが一番いいと思います。

各フィールドの状況にもよりますが大まかな目安としては、3月から4月はどこのフィールドもバスが産卵前の荒食い状態の時期だと思うのでプラグやワームで攻める。

4月後半から5月は産卵を終えたバスと荒食いのバスが入り混じるので状況を判断しながら早い釣りをするかネチネチした釣りをするかを使い分けていきましょう。

スポンサーリンク

春バス狙いで効果的なワーム6選!

 

春バス攻略のカギは「産卵」であるといいましたが、春バスをワームで釣るのに適したワームもあります。

例えば、産卵を終えて卵が孵化したときはバスは外敵から稚魚を守るために攻撃的になっています。

そういう場合バスはルアーをエサとしてではなく攻撃対象とみなしてバイトしてきます。

そんな時はプラグででバスをイラつかせてからワームを使いバスに口を使わすフォロー的な使い方もできたりします。

なのでここでは春バスを釣るのに適したワームの種類、おすすめワーム3選を紹介していきます。

 

ストレートワーム

 

ストレートワームは春に限らず王道のワームですよね。

春のバスはだいたい5月くらいになると産卵を終えた個体が増えてきます。

そういう個体はなかなか口を使わないので、ノーシンカーでゆっくり狙うのが釣りやすいです。

基本的にそういったバスは縦ストラクチャーに寄り添って身を潜めて休んでいることが多いので水門とか立ち木などのポイントを狙っていくのがいいでしょう。

縦のストラクチャーはストレートワームのジグヘッドワッキーやネコリグでスローに誘うといい釣果が期待できますよ。

また、春はロングワームが効くというのをご存知でしょうか?

ロングワームといっても10インチクラスのワームです。

なぜロングワームが効くのか理由ははっきりとしていませんが諸説あります。

バスにとってロングワームの大きさというのはインパクトがあるようで、捕食というよりかは好奇心が湧いてくるみたいです。

ロングワームはその長さとは裏腹に、波動がナチュラルな波動なものが多く、プラグでは出せない波動に興味が湧くのでしょう。

その他にも、シルエットがウナギやウナギの稚魚に似ているため捕食対象としてもバイトしてくると言われています。

なので春バスを釣るためにストレートワームを選ぶのはいいですが一袋くらいはロングワームを選んでみるのもいいかもしれませんよ。

シャッド系ワーム

 

シャッド系ワームのメリットといえば、プラグでは攻められないようなポイントをタイトに攻めていけるところになります。

春バスは浅場で小魚などを狙って待っていることが多いです。

なので、小魚に似たシャッド系ワームを使って攻めるのがいいでしょう。

ノーシンカーのただ巻きだけで十分にバスの興味を引けますし、プラグと違ってアクションしなくてもテールが動いてくれるので扱いやすいです。

ここでポイントになるのが、春のバスはイラつかせて食わせるというのも一つの攻略法で、ストップ&ゴーでバスが口を使うタイミングを作ってやることや、一投目はじらして二投目で食わすというやり方もおすすめです。

 

リアル系ワーム

 

やはり春といえばリアル系ワームの「ミドスト」釣方ですよね。

ミドストとはミッドスローリトリーブの略で、水中でワームがヒラヒラと一定層を泳ぐアクションの仕方になります。

このヒラヒラがポイントで、春はバスのエサとなる小魚は温度変化についていけない個体もおり、そういった個体は弱ってヒラヒラしていることが多いのです。

そういった小魚に似せているのがリアル系ワームです。

シャッドやミノーといったプラグでは早い釣りになりバスが追いつけない、しかしリアル系ワームならナチュラルにゆっくり引くことができるのでなかなか口を使わないバスも高確率で口を使ってくれます。

この時期は是非持っておきたいおすすめのアイテムになります。

 

まとめ

 

春が一番デカバスを釣るチャンスになっているので皆さん釣りに出かける回数も増えると思います。

いざ釣り場に着いてプラグにしようか?ワームにしようか?と悩む時間って限られた時間で釣りをする人にとってはもったいないですよね。

今回紹介したプラグとワームの使い分けや、産卵ごとのルアー選択を頭に入れておくとスムーズに釣りができると思います。

この記事を読んで皆さんの釣果が少しでも良くなれば嬉しく思います。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました