バス釣りルアー「色」の使い分け方はこうだ!

バス釣り

バス釣りルアーって様々な色使いされたものが沢山ありますよね。

自分が行っている野池・川・ダムではどんな色のルアーを使ったらいいのだろ?って悩む人もいると思うので今回は

 

『バス釣りルアーの「色」の使い分け方はこうだ!』

 

というお題ですすめていこうと思います。

 

スポンサーリンク



 野池・川・ダムそれぞれ色を使い分けしたほうがいい?

クリックすると新しいウィンドウで開きます(http://business.news-wave.com)より引用

 

野池・川・ダムに持っていくルアーですが各フィールドでルアーの色は使い分けたほうがいいです。

それはなぜか?

やはり各フィールドによってバスが捕食するエサとなる生き物が違ってくるのでそこが一番のポイントです。

 

あわせて読みたい記事
『バス釣りルアーの「カラー(色)」はどれがいいのか⁈』

 

  池で持っていくべきルアーの色は?

クリックすると新しいウィンドウで開きます(http://bunbun.hatenablog.com/entry/uedamizube)より引用

 

野池に持っていくルアーの色ですが、野池って以外とバスのエサとなるが少ないのは知っているでしょうか?

バスって小魚を捕食するイメージが強い生き物だと思いますが、野池に限ってはその小魚自体が少ないんです。

 

えっ?

 

ならバスはなにを食べてるの?ってなったと思いますが、

野池に生息しているバスは基本的に

エビ・ザリガニなどの甲殻類と虫をメインにエサとしていることが多いんです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/)より引用

 

小魚もいるところはあるけどそこまで多くは生息していないところのほうが多いでしょう。

 

なので必然的に野池に持っていくルアーの色は

ザリガニに模した「赤系」や虫・カエルに模した「緑系」の色を選択するのがいいと思います。

 

スポンサーリンク



  川で持っていくべきルアーの色は?

クリックすると新しいウィンドウで開きます(http://xn--nbk9bzc0csb6ewhy450f.net/?p=330)より引用

 

川に持っていくルアーの色についてなんですが、川は基本的に「小魚」がバスのエサになります。

他にもエビなどのを食べたりはしますがやはり川バスは小魚を捕食するのが多い印象ですね。

クリックすると新しいウィンドウで開きます(http://www.lurenewsr.com/6524/)より引用

 

なので「ワカサギカラー」「鮎カラー」といったリアル系、ナチュラル系の色をチョイスして持って行くといいでしょう。

 

 ダムで持っていくべきルアーの色は?

クリックすると新しいウィンドウで開きます(http://www.hazardlab.jp)より引用

 

基本的にダムという場所はとりあえず広い。

なのでバスがエサとする生き物も必然的に多くなります。

 

魚・エビなどの甲殻類・虫

 

池と川のすべての生き物がエサとなっている場合が多く

さらにダムには「バックウォーター」という川があるところが多いので水質もいいところ、ダムの奥のような水質のあまりくよないところがあります。

クリックすると新しいウィンドウで開きます(http://blog.buritsu.com/)より引用

 

なのでダムに持っていくルアーの色は池、川に持っていくルアー両方を持っていくことが望ましいのかと思います。

 

  まとめ

 

今回は

『バス釣りルアー の「色 」の使い分け方はどうすべき?』

 

というお題進めましたがいかがでしたでしょうか?

 

自分が行くフィールドによってルアーの色も使い分けていけば少しずつでも釣果に関係してくると思いますよ。

 

この記事を読んでみなさんの釣果が少しでもよくなれば幸いに思います。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました