【バス釣り初心者】最初のロッド選びはこの考えを取り入れろ!

バス釣り

バス釣り初心者の人ってロッド選びに悩んだり迷ったりすることありますよね?

沢山の種類の硬さがあるのでどの硬さにしたらいいのかってわからないと思います。なので今回はそんな初心者の人の為に

 

『【バス釣り初心者】最初のロッド選びはこの考えを取り入れろ!』

というお題で進めていきたいと思います。

スポンサーリンク



ロッドの硬さはざっと6種類もある!

1.ライト(Ⅼ)

2.ミディアムライト(ⅯⅬ)

3.ミディアム(Ⅿ)

4.ミディアムヘビー(ⅯH)

5.ヘビー(H)

6.エクストラヘビー(XH)

上から順にだんだん硬くなっていく感じなのでライトが一番柔らかくてエクストラヘビーが一番硬いってことですね。

 

「バスロッド硬さ」の画像検索結果(https://turileco.net)より引用

 

やはり硬くなれば硬くなるにつれてめちゃくちゃ重い物も投げれます。

 

が、軽いものに対しては投げにくくなります。その逆で柔らかい竿では重い物は投げにくく軽い物が投げやすいといった特徴があります。

 

さらに、竿の硬さを小分けにしたらウルトラライト(UL)やウルトラエクストラヘビー(xxh)などありますが、そこまでいくと混乱してしまいますので一般的にある竿の硬さ6種をピックアップしてみました。

スポンサーリンク



巷ではオールマイティに使うならMH(ミディアムヘビー)がいいと言うが

様々なサイトやブログを拝見してもバス釣りでオールマイティに使えるのはミディアムヘビーがいいという方が多いですね。
どのブログやサイト見てもバス釣り1本持って行くならMH!って書いてあります。

 

しかし、自分はその波に逆らった考え方ですw

 

自分的にはたしかにMHの竿はある程度軽いルアーや重いルアーを投げれるので使用幅は広いと思います。
でもそこまで重いルアー、軽すぎるルアーは扱いにくいし微妙っちゃ微妙なんですよね。

 

しかも最近ではベイトタックル、スピニングタックルの二本持ちが多いので極端に軽いルアーはスピニングで投げたらいいですし、

 

ベイトタックルではどうしてもバックラッシュがつきものなんであまり軽すぎる物は牽制したほうがいいと思いますしね。

なら初心者はどの硬さのロッドがいいの?

こんだけ6種の硬さがあればどの硬さにしたらいいのか本当に迷いますよね?

 

しかも竿1本そんな安い買い物ではないので失敗もしたくないし出来れば1本で大体の重さのルアーを投げたいですよね?

 

なら初心者はどの硬さのロッドを選ぶべきなのか?

【ベイト編】

それはズバリ

『ヘビー(H)』

表記のロッドを選ぶのがいいと自分は思っています。
春先になったりするとビッグベイトまではいかないにしてもスイムベイトは投げる機会結構あったりします。

スイムベイトって1oz(28g)近いものや1oz以上のものがあったりしますよね。そんなのMHクラスの竿では投げれるけど少し無理があります。そこでHの竿の出番です。

クリックすると新しいウィンドウで開きます(http://basuhuntouki.blog26.fc2.com)より引用

大は小を兼ねるっていいますが、重いルアー投げるときはやはりHクラスくらいの竿がいります。

しかも以外とHクラスのロッドでも軽めのルアーって投げれるんですよ。

【スピニング編】

スピニングはズバリ

『ライト(L)』

表記のロッドを選んだらいいと思います。

ライト表記のロッドならほぼ軽めのルアーはほとんど投げれるので間違いないと思います。

スポンサーリンク



この2本のロッドを選んだら

この2本のロッドを選んだらまずはベイトロッドで重いルアーを投げる。スピニングでは軽いルアーを投げる。

ここまでは至って当たり前のことですがここからが本番なんですが、それで慣れてきたら逆の行動に移していくようにしてみましょう。

というのが、

・ベイトのヘビーロッド→軽めのルアー

・スピニングのライトロッド→重めのルアー

というかんじですね。

それはなぜかというと、

このことをする事で自分にあったルアー幅がわかるようになるんですね。そこからもっと柔らかいロッド、硬いロッドに変えていったりしてみたら自分にあったロッドが見つかるとおもいます。

まとめ

今回は

『【バス釣り初心者】最初のロッド選びはこの考えを取り入れろ!』

 

というお題ですすめていきましたがいかがでしたでしょうか?初心者の人はイマイチロッド選びに悩んだりすると思うので書いてみました。

 

今回の内容は自分の経験などをもとにしたことなので一概にこれだ!って言えないですが、

一つの考え方なので初心者の人がこの考え方を取り入れて少しでもロッド選びの参考になったら幸いです。

お忙しい中最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました